CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
ワォー!!ホントに2千円台!?と驚愕の激うま!『神の雫』登場で早くも輸入元完売の勢い!!★『神の雫』登場★トルブレックウッドカッターズ・シラーズ[2008]
ワォー!!ホントに2千円台!?と驚愕の激うま!『神の雫』登場で早くも輸入元完売の勢い!!★『神の雫』登場★トルブレックウッドカッターズ・シラーズ[2008] (JUGEMレビュー »)
最近飲んだ赤ワインでは最高です!
オーストラリアワインは注目していなかったが、コクが有り、まろやかで果実味にあふれています。なぜかスクリューキャップ。私的にはコルク栓を抜くのが面倒なので歓迎ですが、子供の頃に隠れて、赤玉ポートワインを飲んだときのような錯覚を覚えます。
RECOMMEND
≪『神の雫』登場で注文殺到!!!!≫まさにメガ級ヴァリューのフルーツ爆弾!!マッキノンズ・シラーズ 2008
≪『神の雫』登場で注文殺到!!!!≫まさにメガ級ヴァリューのフルーツ爆弾!!マッキノンズ・シラーズ 2008 (JUGEMレビュー »)
1000円を切るワインでこの美味しさはすごいと思う。フルーティーな果実味が口一杯にひろがり、まろやかな口当たり。
シラー種のワインは渋みが少なくて好きだ。これもオーストラリアワイン。
RECOMMEND
ヒマラヤ聖者の生活探究 第1巻
ヒマラヤ聖者の生活探究 第1巻 (JUGEMレビュー »)
ベアード T.スポールディング
ヒマラヤにはキリストやブッダのような超人がいた。
水の上を歩いたり、テレポートしたり、手の上にパンを取り出したり・・・。キリストとブッダが登場して兄弟と呼び合う場面も・・・。

これは、マンガ「聖☆お兄さん」のネタ本じゃないでしょうか?

Ω〜Ω〜Ω〜と真言を唱えてしまいました。

RECOMMEND
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ニール・ドナルド ウォルシュ
神を罵倒する悪意のある文書を書きなぐった手が勝手に動き始めた。
何を書こうとしているのか、予想もしていなかったが、私はともかく手が動くにまかせた。
すると・・・

こんな話しやすい神様がいたらいいですね!何度も読み返してしまう愛読書です。
続編もたくさんありますが、この第1巻に全ての内容が集約されているのではないでしょうか?
RECOMMEND
聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)
聖☆おにいさん 4 (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
中村 光
現代に蘇った釈迦とキリスト!
をコミュカルに描いています。
現代日本でのルームシェア生活を楽しむ二人の聖人(セイント)
時代のギャップや風習の違いに戸惑いながらも生きることを楽しむ二人の会話が面白くて嵌ってしまいました!
RECOMMEND
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫)
魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅 (PHP文庫) (JUGEMレビュー »)
ブライアン・L. ワイス
前世療法1,2の続編で総集編とも言える愛と生まれ変わりの世界。
退行催眠療法の草分けであり、精神科医でもある著者が輪廻転生の不思議について書き記した珠玉の1冊です。
RECOMMEND
不死の探求 ―死という習慣を打ち破る―
不死の探求 ―死という習慣を打ち破る― (JUGEMレビュー »)
レナード・オァー
インドには不死身のヨギ(行者)、中国にも仙人と言われる人たちが存在しました。
これらの人々?は純粋にエネルギー体なので老化することがなく、気が向けば地上の世界に出現するとか。
そんな話は書いていませんが、霊的に浄化されるための呼吸の仕方を詳しく説明してくれています。
RECOMMEND
次元の超越者スワミジ―ヒマラヤ聖者の教え (超知ライブラリー)
次元の超越者スワミジ―ヒマラヤ聖者の教え (超知ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
ジャスティン オブライエン
師と二人で敷地を歩いていた。小さな小鳥が二人の前を飛んで行き、10メートルほど先でぴたりと止まり、落ちて死んだ。

・・・・


あなたの前を通り過ぎただけであんなに元気だった鳥が死んだのはなぜですか?」と問うと、「あの鳥は、人間になれたらなあ、そう思っていた。」「だから言ったんだ。オーケー!とね」


人間味溢れるヒマラヤの聖者と弟子たちの心のふれあいを描いた究極のスピリッチュアル本!
RECOMMEND
あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。
あなたの夢はなんですか?―私の夢は大人になるまで生きることです。 (JUGEMレビュー »)
池間 哲郎
全員がゴミを拾うことを毎日の仕事にしている子どもたちです。その中に一人の少女がいました。足の先から頭のてっぺんまで真っ黒に汚れ、ボロボロのTシャツを着た10歳ぐらいの女の子です。瞳がキラキラと輝き、かわいい笑顔が印象的でした。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
京都町家でごはん (3) (Leaf mook)
京都町家でごはん (3) (Leaf mook) (JUGEMレビュー »)
リーフ・パブリケーションズ
Leaf mookの町屋でごはんシリーズは、写真が大きく、綺麗で実際の料理の雰囲気に近いものがあります。
おすすめ! 次号にも期待!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
京都のカフェランチ (らくたび文庫)
京都のカフェランチ (らくたび文庫) (JUGEMレビュー »)

最近集めている「らくたび」シリーズ
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ポケットサイズで京都の美味しい情報がいっぱい!
RECOMMEND
RECOMMEND
クリックで救える命がある!


世界では、1日に4万人以上が、そして、1カ月では120万の人々が死んでいきます。 1年間では1500万の人々が貧しさを原因として死んでいくのです。 さらに深刻なのは、その90パーセント以上が子供だということです。
お取り寄せグルメ食材
男の台所

一興 お気に入りのグラッパ



一興 お気に入りの地酒



メーカー:香住鶴香住鶴 純米大吟醸 福智屋...

メーカー:香住鶴香住鶴 純米大吟醸 福智屋...
価格:10,000円(税込、送料別)



一興 お気に入りのビール



シメイ・レッド/CHIMAY(修道院ビール)...

シメイ・レッド/CHIMAY(修道院ビール)...
価格:509円(税込、送料別)



一興 お気に入りのワイン

送料無料!特別価格W.A誌98+[2005]...

送料無料!特別価格W.A誌98+[2005]...
価格:18,879円(税込、送料込)

お取り寄せワイン
スポンサー
京都で宿泊
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東心斎橋のフレンチ Bistro a vin DAIGAKU(ビストロ・ア・ヴァン・ダイガク)
 
JUGEMテーマ:フランス料理
年末・年始は忙しかったので、記事在庫の整理をしています。
少し前の内容です。悪しからず。。

少し古いHANAKO を見ていたら、行ってみたくなったので、東心斎橋にある
Bistro a vin DAIGAKU((ビストロ・ア・ヴァン・ダイガク)へ行ってみました。

コース料理だけとのことで、今日は6300円のコースです。
初めての店に行くときには、真ん中の価格帯のコースを頼むことにしています。


【プチシュー】

Bistro a vin DAIGAKU プチシュー

もちろん皮だけです。メニューに載っていないものが出て来ると、ちょっと嬉しいかも!


【パン】

Bistro a vin DAIGAKU パン

フォカッチャ風です。


【スープ】

Bistro a vin DAIGAKU スープ

コクがあって美味しい蕪のスープです。


【前菜1】

Bistro a vin DAIGAKU カルパッチョ

寒ブリのマリネです。


【前菜2】

Bistro a vin DAIGAKU パスタ

これはパスタですね。タリオニーリ茸のピュレとヒマラヤトリュフが使われています。

パスタ大好き人間ですので、フレンチでパスタが出て来ると得した気分になります。


【前菜3】

Bistro a vin DAIGAKU 

カカオのストラッチ ホロホロ鶏とゴボウのラグーです。


【魚料理】

Bistro a vin DAIGAKU ブイヤベース

鮮魚のブイヤベース仕立て。

使われているのはスズキでしたが、一口すると生臭さを感じてしまいました。
そして、身がべちゃべちゃと柔らかくて最後まで食べられなかった。

料理を残すのは初めてです。

まず、魚の鮮度に問題があったと思います。
そして、スズキみたいに身に水分の多い魚は煮込みには向かないと私は思います。

ホウボウとかコチとなどの身のしっかりしたカジカ族の魚の方が良かったのではないでしょうか?


【肉料理】

Bistro a vin DAIGAKU 肉料理

蝦夷鹿のロティ。少し薄味です。私には塩気がもう少しところです。


【デザート】

Bistro a vin DAIGAKU デザート

デザートは盛り合わせになっていていい感じです!


食後のコーヒーは別会計でした。品数の多さも嬉しいのですが、サービス料も領収書にはついているし、少しコスパ悪いかもしれません。

あのブイヤベース以外は美味しくいただけました。もったいない気がします!

グルメブログランキングに参加しています。
気が向いたらポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!



 にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

〜DATA〜
【Bistro a vin DAIGAKU(ビストロ・ア・ヴァン・ダイガク)】

   ■大阪市中央区東心斎橋1‐4‐22
   
   ■06-6241-5431
   
   ■営業 
     ランチ :12:00〜14:00(LO)
     ディナー:18:00〜23:00(LO)
   
   ■月曜日定休












| 大阪 隠れ家 フレンチ | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大阪肥後橋の隠れ家フレンチ ルール・ブルー (L'HEURE BLEUE)
 以前から行きたかった「ルール・ブルー」へ行ってきました。

店の前まで来ても立て看板などは出ておらず、扉のガラスの小さな白文字でようやく、L'HEURE BLEUEの文字を読取ることができました。

ここは隠れ家的なビストロです。大阪ではかなり人気のビストロですが、今回が初めての訪問です。

妻夫木聡似?のギャルソンが丁寧にメニューを説明してくださいました。すべてアラカルトです。

 「二人分ならこれくらいの品数がいいと思います。一皿で1.5〜2人前のポーションがあります。」
との説明でした。

とりあえず、ビールとレモネードを注文し、たくさんのメニューからチョイスしていきます。
一番楽しいひと時ですね!

パン、ミニオードブルにオリーブ、オードブルには、茶美豚のテリーヌ、魚料理にはイサキ、肉料理は鴨のロースト、デザートに焼きプリンとチョコレートケーキ、エスプレッソを注文しました。

お店の人に、「最後のデザートまで注文された方は初めてです。」と言われました!
よほど一皿の分量が多いのかしらん?期待に胸が膨らみます。

「デザートは他の料理を召し上がってからにされては?・・・」とアドバイスがありましたが、今日は昼抜きだったので、これくらいでは引き下がれません。

「大丈夫!今まで残したことはありません!」と強気の発言。。。


【ミニオードブル】
ルール・ブルー オリーブ

グリーンオリーブの中にアンチョビをつめてあります。今まで食べたオリーブの中では最高でした。
アンチョビのアミノ酸とオリーブがナイスにマッチしています。


【パン】
ルール・ブルー パン

靱公園(大阪市西区)の南側にある竹内さんのパンとのことです。これは一人前です。
上のパンは、ベニスに浮かぶゴンドラのような形のフランスパンですが、中は少しブラウンがかっています。


【オードブル】
ルール・ブルー テリーヌ

実物はこの1.5倍くらいあるかなり厚みのあるテリーヌです。美味しい!ああ幸せじゃ!!

右端のブドウ果汁の粒マスタードをつけていただきます。手前の野菜は自家製ピクルスです。


【魚料理】
ルール・ブルー 魚料理

これもまた大きなイサキのソテーです。焼き色を見ただけでも美味しそうですが、実際美味しい!
手前に岩ガキのソテーがついているのがまた最高!バルサミコソースでいただきます。


【肉料理】
ルール・ブルー 肉料理

シャラン鴨のローストです。これも厚切りの鴨がドーンと盛ってあります。さらにフォアグラのソテーも
乗っかっています。これも美味じゃ〜

ソースにはレンズ豆がたくさん入っています。

接写でもう一枚。

ルール・ブルー 肉料理拡大

これくらいのほうが実際のポーションを表現できますね♪


【デザート】

ルール・ブルー デザート

私メニューの焼きプリンと連れメニューのチョコレートケーキ

ルール・ブルー ケーキ



食後のエスプレッソはダブルで注文していたので、大きめのカップで登場。

ルール・ブルー エスプレッソ


ここの一皿はフランスのビストロと同じ位のポーションがあるのでしょう。

二人でシェアして丁度いい具合です。まさに食べたって感じがします。

店の人の話に釣られて、薬酒っぽい食後酒を頼んでいたのですが、店の人も忘れていたようです。

入店した時間には二組がいただけなのに、出る時には満席になっていました。

二人のシェフで調理しているので、だんだん料理の出てくるタイミングが遅くなってきますので、空いている平日のオープン直後に予約しておくのが良さそうです。

今日も美味しい料理ありがとうございます。ごちそうさまでした!

グルメブログランキングに参加しています。
気が向いたらポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!



 にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

〜DATA〜
【ルール・ブルー】

   ■大阪市西区江戸堀1-19-2
   
   ■06-6445-323
   
   ■営業 
     ディナー:18:00〜22:00(土曜は11:30〜14:00、18:00〜22:00)
   
   ■日曜日定休










| 大阪 隠れ家 フレンチ | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心斎橋 ル・クロ・ド・クロ (Le Clos de Kuro)
JUGEMテーマ:フランス料理
  少し前の記事です。5月12日に心斎橋のフレンチ ル・クロ・ド・クロ (Le Clos de Kuro)に行きました。
心斎橋大丸の本館と南館の間を二筋ほど東に進むと、左側に見えるミントグリーンの外観のフレンチレストランです。
このカラーは目立ちますが、ケーキ屋さんみたいなパステルカラーと造りなので、なんどか前を通っていたのに気がつかなかった。

ル・クロ・ド・クロ (Le Clos de Kuro)

1階はワインセラーになっています。

食事は2階と3階と4階ですが、私たちは3階に案内されました。

ル・クロ・ド・クロ

ここは隠れ家です。 靴を脱いでスリッパに履き替えると2人用の個室に案内されました。

なんか落ち着きます。

5500円のル・クロ コースを注文してみました。

そして、1階のワインセラーで見かけた「ルイ・ジャド」の赤ワインのハーフボトルが気になったので、これも注文しました。しかし、品切れのようで「サン・タムール」に変更。中々良いワインです。


ル・クロ・ド・クロ



【付き出し】
ル・クロ・ド・クロ



【パン】
ル・クロ・ド・クロ



【前菜1】
ル・クロ・ド・クロ


【前菜1】
ル・クロ・ド・クロ


【前菜2】
ル・クロ・ド・クロ
ガレット。外はジャガイモ、中身は海老と魚のすり身。
熱々で、美味しかった〜。本日1番でした。
しかし、メインより美味しいというのも問題ですな。




【魚料理】
ル・クロ・ド・クロ
海老と赤貝。


【魚料理】
ル・クロ・ド・クロ
ヒラスズキ。


【肉料理】
ル・クロ・ド・クロ
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み。


【肉料理】
ル・クロ・ド・クロ
羊料理。


【デザート】
ル・クロ・ド・クロ


【デザート】
ル・クロ・ド・クロ


【コーヒー】
ル・クロ・ド・クロ



【菓子】
ル・クロ・ド・クロ
ミニマカロン。


これで2人分です。それぞれ違うものを注文したので、作るのも面倒だったでしょう。

おいしかったのですが、私には少し薄味でした。

店を出た途端に焼き鳥屋の塩を効かせた砂ずりが無性に食べたくなってきました。
結局、友人と別れてから最寄の駅の焼き鳥家に寄ってしまいました。



ごちそうさま!



グルメブログランキングに参加しています。
気が向いたらポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!



 にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村

〜DATA〜
【ル・クロ・ド・クロ (Le Clos de Kuro)】

   ■大阪府大阪市中央区中央区東心斎橋1-17-9   
   ■06-6244-9696
   ■営業 ランチ  :11:30〜14:00 (LO:13:00)

        ディナー:18:00〜22:00(LO:21:00)

   ■月曜日定休





| 大阪 隠れ家 フレンチ | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リュミエール 東心斎橋の魅惑のフレンチ

 以前より気になっていたリュミエールに予約が取れた。
私の好みから言えば、こじんまりとしたビストロなのだけど、このリュミエールはちょっと大人の雰囲気のする正当派フレンチレストランでした。

地下鉄御堂筋線心斎橋駅から200mほど裏通りを歩くと、鰻谷のビルの3階にありました。

リュミエール(lumiere)とは光という意味です。時間通りにお店に到着して予約を告げると案内された席には・・・

こんなガラスの細工がありました。↓

飾り皿

連れと、「これ、お皿?」 「何かパフォーマンスとかあるのかな?」
「ドライアイスの煙とか出るのやろか?」
などと話していると、「単に飾りです。」とのことでした。

お店の中はモダンな雰囲気のある落ち着いた空間で、私には少し堅苦しい雰囲気がします。

今日は休みということもあり、少しはじけたい気分でしたので、遊び着のジャケットに先日心斎橋筋商店街のアジアン雑貨店で買い求めた、ダイダイ染めのバンダナを身につけていました。

「ちょっと浮いているかも・・・」 「ここって、ここ一番って時の極めに使いたい感じのお店やし・・・」などと考えながらメニューを見ます。

7200円、10000円、15000円のディナーコースから7200円のコースを試してみることにしました。

まずは、

【軽いつき出し】
軽い前菜

フォアグラのソテーとソラマメです。
「軽くないやん〜ってか嬉しい!」

実物大にすると、この大きさになります。(少し大きいかな)
フォアグラ

外はカリッとしていて中はジューシーで絶妙の焼き加減です。
お皿もちゃんと暖められていて、丁寧な仕事をしているのがわかります。

味付けも、ある意味で期待を裏切ってくれたというか・・・、しっかりした私好みの味付けでした。

【パン】
パン

最初は普通のフランスパンでしたが、次からは白いマフィンのようなパンが出されます。
「お代わりはいかがですか?」と無くなるといいタイミングで聞いてくれます。

パン

続き、
【前菜】
前菜
 
魚介類と野菜の前菜にはイカと玉ねぎが使われていました。

とても甘味のある玉ねぎです。


合わせて白ワインを注文しました。

白ワイン

グレイス[ 2007] 甲州シュール・リー茅ヶ岳(白) (750ml)


甲州 茅ヶ岳とラベルには書かれています。
私はフルーティーな感じのワインが好みなので、ときに甘すぎて料理にマッチしない銘柄を頼んでしまうこともしばしばですが、これは完璧です。

水のように色味がなく、透明感があるのですが、優雅な芳香とキリッとした飲み口がするナイスなワインでした。

【魚料理】
魚料理

ホタテとエビが美味しい!
つくしみたいなのは野生のアスパラです。

ロゼワインを注文します。
ここでも「フルーティーなものを・・・」と指定します。

ロゼワイン

これも料理の味を損なわないいい感じのワインでした。
もともと、私は地酒通です。日本酒の違いは敏感なのですが、ワインはとんとわかりません。
なので、いつもは「料理に合うやつ!」と専門のソムリエに任せることにしています。
ここのは、ナイスなセレクションだと思います。


【肉料理】
ハンガリー産鴨の胸肉

私のチョイスは、ハンガリー産鴨の胸肉。
少し歯ごたえのある野生味のある感じがたまりません。


連れのチョイスは、

子牛フィレ

子牛のフィレ肉。少し味見をさせてもらいました!

「デザートメニュー見せてください。」と5種類の中から私が選んだのは、

デザート

デコポンのシャーベットのデザート。氷のようなのはゼリーです。

連れは、
デザート

イチゴとベリー系のデザート


【コーヒー】
コーヒー

コーヒーも濃い目で私の好みの味。
猫舌の連れがまだ飲んでいて手持ち無沙汰にしていると、さりげなくお変わりを持ってきてくれました。
気持ちを読まれていました。(笑)  さすが!


コーヒーと紅茶(アールグレイ)のあてに、こんなお菓子も出してくれて・・・

デザート

値段以上の満足感!

写真はフラッシュを使わずに撮影をしているので、お皿が黄色っぽくなって見えますが、最近チェンジしたISO6400の高感度のカメラがフラッシュを使えない状況では便利です。

しっかりした味付けで、そこそこにボリュームもあり楽しく食事を楽しむことができました。
美味しい料理と気のきいたサービスに満足してお店を後にすることにしました。

「いいお店見つけてしまった!」

ご馳走さまでした!


〜DATA〜  グルメブログランキングに参加しています。気が向いたらポチッとクリックしてもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


〜DETA~

【営業時間】 
   [火・金]
      17:30〜22:30(L.O.21:00)
   [水・木・土・日]
    LUNCH:12:00〜15:00 (LO 14:00)
    DINNER:17:30〜23:30 (LO 21:00)
【定休日】 月曜日(祝日の場合は翌日)     
【電話】 06-6251-4006
【住所】 大阪市中央区東心斎橋1-19-15 UNAGIDANI−BLOCK 3F



| 大阪 隠れ家 フレンチ | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
老舗のフレンチ「アミチェ心斎橋本店」
 このところ仕事が忙しく、先週は京都のランチデートもドタキャンしてしまった。
彼女が長崎の伯母の看病に行くことになり、「しばらく会えないから・・・」と約束していたのだが残念!
 今日はこのブログの立ち上げに協力してくれた高校生の姪へのお礼と、大学に合格した姪のお祝いを兼ねてフレンチを食べに行こうという話になり、天満橋にある隠れ家フレンチ「ディーバ」に電話をすると、予約で満席とのことであった。
 それではと、「ル・ヴァンサンク」に電話を入れると、こちらも予約がいっぱいとのことで、「アミチェ」に電話を入れると予約を取ることができた。
久しぶりに心斎橋に来たのだが、今日は天気も良く、すっかり暖かくなったせいか、ずいぶん人通りも多い。
「アミチェ」は以前にフォアグラのステーキが美味しかった記憶があり、今日もそれを期待していた。隣のテーブルでは先客のマダム4人がにぎやかに注文をしている。
「ランチタイムはディナーと雰囲気がちがうな〜」と思うが、「にぎやかなのも家庭的な雰囲気でビストロっぽくていいか〜」と一人納得してしまう。

さて、前菜は「鴨のテリーヌ」
鴨のテリーヌ
うん?美味しいけど、塩気が足りない・・・
「仕事で汗をかくからなあ〜」と独り言。

続いて、本日のスープは「泡立てたホウレン草のポタージュ」
泡立てたほうれん草のポタージュ
赤い彩りはベーコンです。綺麗なグリーンの美味しいポタージュでした。

魚料理は「サワラのポワレ」
サワラのポワレ
まあ、普通に美味しいといったところか?あまり感動なし。

メインの肉料理は「牛フィレ肉のステーキ」
牛フィレ肉のステーキ
「5000円のランチコースではフォワグラ出ませんの?」
京都の「ティアレ」では3800円のコースでも「ど〜ん!」とついてきましたけど・・・。
なんか不満やな〜
でも、このステーキは少し酸味を効かせたホワイトソースが添えてあり、美味しい!
ちょっと薄味なのが今日の体調には合わないようでやや不満が残る。

デザートは
デザート
一番手前のムースが玉ねぎのムース。なるほど玉ねぎの味がする。
右が紫芋のモンブラン。そしてホウレン草のタルトとバニラアイス。
華やかさに欠けるなあ・・・

ワインを飲みながら楽しく話しをして会計をすると・・・24000円
「う〜っ、コストパフォーマンス悪いやん・・・」 
ここでは定番の「フォアグラと牛フィレ肉のステーキ」を指定しておくのだった・・・
今日は失敗の連続でした。
そもそも、予約を入れる前に寝入ってしまった私が悪い!
今度は京都のイタリアンへ行く約束をしました。

〜DATA〜
フランス料理アミチェ心斎橋店

■アミチェ心斎橋本店
■大阪市中央区心斎橋1−5−31 ラ・シーンビル6F
 TEL 06-6251-3076 
■定休日 月曜日(祝日は営業)
■ランチタイム  11:00〜14:30ラストオーダー
 ディナータイム 17:00〜21:00ラストオーダー 

 塩気を体が欲しがるのか金龍ラーメンが食べたくなったが、姪たちは「もうお腹いっぱいだし・・・」と乗ってこない。
腹ごなしに難波パークスをぶらぶらすると、パスタが食べたくなってきたのだが、人が多く、どこも並んで待っている状態。

OPAまでさらに歩き、「ル・ヴァンサンク」の前を通って四ツ橋筋に出ると、いい雰囲気のオープンカフェがあったので「寄って行こう!」ということになった。

姪たちはケーキセット。私はカルボナーラとカフェモカを注文。ここは、セルフサービスのお店です。ケーキは自分でチョイスして会計を先に済ませます。表通りに面した外のテーブルは残念ながら先客がいたので、奥のテーブル席へ行くことにしました。落ち着いた、いい雰囲気のカフェです。
すぐにカルボナーラが来ました!
mariners cafeのカルボナーラ
700円ではこんなもん。でも十分美味しかった。
やっと塩分の補給ができてお腹もいっぱいになったので帰ることに・・・。
「また春休みにね!」と姪たちと別れて家路につきました。

〜DATA〜
■cafe&dining 「mariners cafe」
■大阪市西区北堀江1−5−4四ツ橋シグマビル1F
 TEL 06-6532-6888 
■定休日 なし
■平日   7:30〜23:30
 土日祝日 10:00〜23:30
| 大阪 隠れ家 フレンチ | 19:15 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |